おまとめローン

公務員が選ぶおまとめローン

銀行や信販・クレジット会社や消費者金融会社にとって、公務員は最も融資したい職業の1つと言えます。

 

その理由は公務員の身分は法律で守られているからです。

 

公務員は例え上司と言えども、むやみに部下に処分を下すことはできません。

 

まして公務員を解雇するにはそれ相応の手続が必要なのです。

 

つまり、公務員にはストライキの権利が無い変わりに、厚い身分保証の権利を与えました。

 

しかし、時代が流れて一般のサラリーマンがストライキを起こすことは稀になりましたが、反面、会社都合による解雇は頻繁に行われています。

 

一方、公務員は法律の改正が無いため、解雇されることは滅多にありません。

 

また、給与も元々は公務員は民間のサラリーマンよりも低い給与が当たり前でした。

 

公務員には厚い身分保証が与えられ、デスクワーク中心の楽な仕事だからです。

 

しかし、ここ20年間で民間のサラリーマンの給与は下がり続け、いつしか公務員の給与が民間のサラリーマンの給与を上回る様になりました。

 

しかし、政治は何もしません。

 

その様な社会の歪が融資の世界にも影響を与えています。

 

つまり、おまとめローンの審査に於いても、公務員のクレジットスコアが最も高い訳です。

 

社会主義国家でもないのに、公務員のクレジットスコアが最も高いのは可笑しな現象です。

 

従って、公務員がおまとめローンを希望すれば、どこの銀行でも審査を簡単にパスできます。

一般的に銀行のカードローンは、65歳以上の高齢者を対象にしていません。

 

65歳以上の高齢者は安定した職業や安定した収入が無い人が多いからです。

 

また、年金で生活している人も多い筈です。

 

従って、高齢者が銀行のカードローンやおまとめローンを利用することは難しいと言えます。

 

一方、クレジットカードの場合は、通常、年齢の上限を設けていません。

 

それはクレジットカードの場合はショッピングがメインだからです。

 

ずっとクレジットカードを利用していた人が、65歳になったからクレジットカードを取り上げられるのは可笑しな話だからです。

 

従って、クレジットカードのキャッシングは年齢制限が無いことになります。

 

しかし、信販・クレジットカード会社のおまとめローンは話が別です。

 

おまとめローンの場合は、クレジットカードのキャッシング枠に比べると、融資金額が大きくなるからです。

 

つまり、現実的には高齢者がおまとめローンを組むのは非常に難しいと思われます。

 

消費者金融会社の中にはカードローンの年齢制限を70歳までにしている業者もありますが、おまとめローンはカードローンよりも金額が大きくなります。

 

従って、高齢者が「過去・現在・将来」のチェックを行う、おまとめローンの審査をパスできるとはとても思えないからです。

 

続きを読む≫ 2013/01/10 12:58:10

自営業者の場合は事業の一時的な資金繰りで、ローンを組む機会は少なくありません。

 

その為、自営業者のおまとめローンのニーズは高いと言えます。

 

また、銀行や信販・クレジット会社や消費者金融会社などの業者にとっても、事業者向けおまとめローンは収益性の高い商品です。

 

つまり、事業者向けおまとめローンの全体的な件数は少ないかもしれませんが、1件当たりのローン金額は1千万円になることもあります。

 

また、事業者向けの有担保おまとめローンの場合は数千万円〜億円単位になる場合もあります。

 

有担保の事業者向けおまとめローンは不動産担保付おまとめローンと有価証券担保付おまとめローンがあり、これらのおまとめローンは総量規制の対象とはなりません。

 

従って、この様な有担保おまとめローンの場合は、融資金額が数千万円〜億円単位になる場合もある訳です。

 

そして、有担保のおまとめローンは担保付ですから、通常のカードローンよりも金利が低くなっています。

 

従って、事業者が小口の事業用の高い金利のローンを、おまとめローンで1本にまとめるというニーズは十分に有り得ます。

 

また、無担保の事業者向けおまとめローンも、一部の銀行や信販会社と消費者金融会社で用意されています。

 

この様な事業者向けローンの資金使途は事業用の資金に限定されています。

 

主婦でもおまとめローンできるのでしょうか?まずは主婦のキャッシングから調べてみましょう!

 

 

続きを読む≫ 2013/01/10 12:57:10

ここで言う経営者とは企業の役員を意味し、自営業者は別の項で扱っています。

 

銀行や信販・クレジット会社や消費者金融会社の審査に於いては、企業の役員のクレジットスコアはそれ程高くはありません。

 

例えば、同じ企業の役員と社員を比べた場合は、社員の方がクレジットスコアは高くなります。

 

当然のことながら現在の収入の面では役員の方が社員よりも多い訳ですが、役員は基本的に会社とは2年契約になっています。

 

一方、社員は正社員ですから有期雇用契約ではありません。

 

従って、企業の役員は会社の業績や自身の業績によって、突然、解雇されることも有り得ます。

 

しかし、正社員の場合は自身が法律に違反しない限りは突然解雇されることはありません。

 

従って、正社員の方が企業の役員よりも、審査の上では信用力は高いことになります。

 

そこで、企業の役員がおまとめローンを考える場合は、最も審査が厳しいと見られている銀行や大手信販・クレジット会社は避けた方が良さそうです。

 

つまり、第2グループの信販・クレジット会社か消費者金融会社を選択した方が無難と言えます。

 

また、銀行であれば、積極的にカードローンを融資している新しいネット銀行が狙い目と言えそうです。

続きを読む≫ 2013/01/10 12:56:10